おかげさまで創立60周年を迎えました

HISTORY

新東洋企業は、日本で最初にジャガーを輸入して以来、60年に渡り一貫してジャガーの販売を手がけて参りました。
新東洋企業のロゴマークは、設立当初に発表され世界中でセンセーショナルを巻き起こしたジャガーE-Typeのステアリングホイールにインスピレーションされて作られています。

1957年 新東洋企業(株)設立、宋尚桓(ソン ショウカン) 代表取締役社長就任。
英国BLMC社(ジャガー、ローバー、トライアンフ、MG、ミニ)の輸入総代理権を取得。
1970年 丸紅飯田(現在の丸紅)との合弁で新東洋モータース(株)を設立。
PDIセンターを横浜(現ジャガー横浜所在地)に開設。全国販売網を確立。
1973年 新東洋赤坂ビル建立。1、2Fを新東洋モータース赤坂支店設立、ショールーム開設。
1977年 英BL社が直接輸入を開始。当社は輸入総代理権を返上。
以降横浜市神奈川区を拠点として神奈川県正規販売店となる。
1987年 英BL社が輸入子会社ジャガージャパン(株)設立。
1988年 横浜市神奈川区にジャガー横浜ショールーム開設。
1988年 赤坂7丁目新東洋青山ビル建立。
1989年 英国、米国において海外不動産投資を始める。
1994年 旗の台ビル(旧新東洋モータース社屋)を取り壊し、新東洋旗の台ビルを建立。
青山商事(株)に一括賃貸。
1997年 神奈川県藤沢市に第2番目の拠点ジャガー湘南を開設。
2003年 英国アストンマーティンラゴンダ社より日本でのアストンマーティンの輸入販売権を取得。港区赤坂の新東洋赤坂ビル1、2Fにアストンマーティン赤坂設立、ショールーム開設。
2006年 横浜市鶴見区にアストンマーティン赤坂 新横浜工場開設。
2013年 ランドローバー・レンジローバー車の取扱い開始と共にジャガー横浜からジャガー・ランドローバー横浜へ名称変更。
2015年 横浜市西区にジャガー・ランドローバー横浜 みなとみらいショールームを開設。
SHINTOYO ENTERPRISES LTD.